お使いのInternet Explorer 11はサポートを終了いたしました。最新のブラウザにアップデートしてご覧ください。

プレスリリース

大手コンビニエンスストアのファミリーマートが「SmartHR」を導入

〜 直営店における年末調整や給与明細のペーパーレス化を実現し、店舗業務の負荷を削減 〜

 株式会社SmartHR(本社:東京都港区、代表取締役CEO:芹澤 雅人)が運営するクラウド人事労務ソフト「SmartHR(スマートエイチアール)」が、株式会社ファミリーマート(本社:東京都港区、代表取締役社長:細見 研介、以下「ファミリーマート」)に2022年10月に正式導入されました。

ファミリーマートのロゴ×SmartHRのロゴの画像
■ 業務課題と「SmartHR」導入理由
 ファミリーマートは、これまで直営店において店舗で働く従業員の年末調整を紙で運用しており、従業員に提出物の内容を正しく周知することや、書類の配付・回収による手間が課題となっていました。また、給与明細や扶養控除異動申告書等も各店舗で印刷して紙で従業員に配付していたため、店舗の担当者に業務負荷がかかっていました。これらの課題を解決するため、人事・労務業務のペーパーレス化を検討する運びとなりました。
 「SmartHR」の、給与や勤怠などの既存システムを利用したまま、フロントシステムとして従業員との情報のやり取りに特化してペーパーレス化を実現できる仕様の他、システムの操作性が優れている点を評価いただき直営店の従業員を対象に導入が決定しました。今後、既存システムとの連携により雇用契約機能など「SmartHR」の活用の幅を広げることで、店舗業務の負荷削減に加え、人事・労務担当者の業務効率化を目指します。

■ 「SmartHR」に期待すること

 常に粘り強く一緒に取り組んでいただき、SmartHRの皆さまには非常に感謝しています。
 まだ取り組みは道半ばですが、これからもお力添えをいただければ嬉しいです。
 例えば年末調整などは慣れない人にはとても分かり難いものですので、利用者にとってより分かりやすく、管理する側にとってより使いやすいツールとなるよう、進化し続けていただけることを大いに期待しています。

株式会社ファミリーマート


■ クラウド人事労務ソフト「SmartHR」について
 「SmartHR」は、労務管理クラウド5年連続シェアNo.1()のクラウド人事労務ソフトです。
 雇用契約や入社手続き、年末調整などの多様な労務手続きをペーパーレス化し、データとして蓄積。さらに、「SmartHR」に溜まった従業員データを活用した「人事評価」「従業員サーベイ」「配置シミュレーション」などのタレントマネジメント機能により、組織の活性化や組織変革を推進し生産性向上を支援します。
 また、他社システムとの柔軟な連携により個社でのカスタマイズ可能性を高め、勤怠情報や給与情報など様々なデータの一元管理も可能。アプリストアサービス「SmartHR Plus β版」によって、様々な機能を持つアプリケーションとの連携も実現しています。
 「SmartHR」は、企業の生産性向上を後押しし、すべての人が働きやすい環境づくりに貢献します。
※デロイト トーマツ ミック経済研究所「HRTechクラウド市場の実態と展望 2022年度版」労務管理クラウド市場・出荷金額(2022年度見込) https://mic-r.co.jp/mr/02640/

■ 会社概要

  • 社名:株式会社SmartHR
  • 代表取締役CEO:芹澤 雅人
  • 事業内容:クラウド人事労務ソフト「SmartHR」の企画・開発・運営・販売
  • 設立:2013年1月23日
  • 資本金:9,990万円
  • 本社:東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー
  • 企業URL:​https://smarthr.co.jp/ 

※記載情報は、発表日現在のものです。情報は予告なしに変更されることがありますので、 あらかじめご了承ください。