お使いのInternet Explorer 11はサポートを終了いたしました。最新のブラウザにアップデートしてご覧ください。

人事・労務業務のDXを通して、多様性のある職場づくりの第一歩を

株式会社赤福

■ 業務課題と「SmartHR」導入背景

株式会社赤福では、給与明細書や入社手続き、雇用契約の更新、年末調整といったほとんどの人事・労務業務を紙で行っていました。そのため、書類の作成、各店舗への送付、管理などの業務が人事・労務担当者の大きな負荷になっていました。また、各店舗で発生していた従業員への書類の配布および回収業務が、店舗責任者の本来注力すべき製造・販売といった通常業務を圧迫していました。
赤福では、こうした課題の解決に向けた一つの手段として、DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進を掲げ、人事・労務業務のペーパーレス化や労務手続きを簡略化できるシステムの導入を検討していました。

「SmartHR」は、従業員が自分のPC、スマートフォンから簡単に情報入力や給与明細閲覧ができるため、これまで店舗責任者を介して行っていた書類の配布・回収業務を大幅に効率化できます。従業員からのデータの直接収集によるスピーディーなペーパーレスへの移行と、集まった人事データをそのままオンライン上で管理しデータベースとして運用できることが評価されました。また、煩わしい紙業務からの脱却により、従業員満足度の向上にも繋がると期待されています。

■ 「SmartHR」に期待すること

従業員と人事担当者の円滑なやり取りにより、手続き等の時間短縮になるだけでなく、紙媒体による煩雑な業務の軽減やペーパーレス化、データベース管理へ移行できると期待しております。
また、今後の多様化する社会へ適応していくための職場作りの第一歩として、SmartHRを導入し、さらに、従業員と会社が信頼し合い、気持ちよく働ける会社を目指します。

株式会社赤福 人事課課長 寺澤 様