お使いのInternet Explorer 11はサポートを終了いたしました。最新のブラウザにアップデートしてご覧ください。

イベント・セミナー

製造業のDXを成功に導くための人材マネジメント(再放送1月14日まで)


本セミナーは終了しました。たくさんのご参加、ありがとうございました!

開催概要

 世界的に猛威を振るっている新型コロナ・ウイルスは、製造業に深刻な被害をもたらしました。コロナ禍が終息しても、もはや製造業が元の姿に戻ることはないでしょう。
 ものづくりの担い手にこれから求められるのは、様々な困難や変化に耐えられる、柔軟性と強靭さを兼ね備えた「レジリエント」な製造業です。そのためには、DX(デジタルトランスフォーメーション)の実現が欠かせません。製造業の今後の発展は、DXの戦略にかかっているといっても過言ではないでしょう。
本セミナーでは、ものづくり企業でDXの先導役を担う方々に向けて、DX戦略策定に役立つ情報をご提供いたします。

※本コンテンツは、2021年6月に開催された「Technology Foresight 2021 ~ポスト・コロナを見据えた製造業の進路を描く~」(主催:日経クロステック)での講演を一部編集したもので、内容は当時のものと同様です。

このような方におすすめ

・製造業において組織づくりのDX推進の肝を知りたい方
・他社の組織改革、人事DXの事例について知りたい方
・人事DXやクラウド人事労務ソフトについて、メリットや導入効果の事例を知りたい方

セミナー概要

・視聴期限:2022年1月14日(金)まで


・視聴方法:当ページ下部にある、動画の再生ボタンをクリックし、お申込者様の情報入力後にご視聴いただけます。

※一度視聴画面を終了し改めて動画をご視聴いただく際は、お申込み時に入力いただいたメールアドレス宛にお送りしている視聴用URLからご覧ください。
※当サイトに再度アクセスし、再生ボタンをクリックすると、改めてお申込者様の情報を入力する必要がございます。


・参加費用:無料


・対象者:製造業に携わる人事・労務担当者、経営者、経営企画、情報システム担当者さま


主催株式会社SmartHR

トピックス

 

DX成功のカギ握る人材マネジメントに必要なシステム基盤とは(30分)

DXを効率的に進めるためには、組織や人材が重要であることは言うまでもない。その一方で、製造業において設計や生産業務のDX化が優先され、組織や人材マネジメントを担う人事・労務部の業務は、ともするとDXにおけるIT化の埒外とされるケースも多くある。DXを成功に導くためには、このような人事・労務部の業務を見直し、戦略的な人材マネジメントが実現できるようなシステム基盤を構築する必要がある。ユーザー企業、ベンダー企業との議論を通じて、人事・労務部門の理想のシステム像について議論する。

パネリスト:
日揮ホールディングス 常務執行役員CDO(最高デジタル責任者) 花田 琢也 氏
SmartHR セールスグループ 執行役員 中尾 友樹

モデレーター:
日経BP総合研究所 上席研究員 木村 知史 氏

 


注意事項

・視聴期限は、2022年1月14日(金)までとなります。(延長する場合は、本ページにてお知らせいたします)
・お申し込みメールアドレスに動画を視聴できるURLをメールにてご送付いたします。再度ご視聴される場合はそちらからご覧ください。
・メールアドレスに誤りがある場合、メールが届かない可能性がございますのでご注意ください。
・お申し込み者にお送りするURLは、お申し込みいただいた方のみが視聴できる限定URLです。第三者への共有や公開はご遠慮いただきますようお願いいたします。

・以下動画の再生ボタンをクリックし、お申込者様の情報入力後、ご視聴いただけます。
・一度視聴画面を終了し、改めて動画をご視聴いただく際は、お申込み時に入力いただいたメールアドレス宛にお送りしている視聴用URLからご覧ください。
※当サイトに再度アクセスし、再生ボタンをクリックすると、改めてお申込者様の情報を入力する必要がございます。

受付は終了しました。

 


ご記入頂きました情報は、弊社の個人情報保護方針に従い厳重に取扱います。
個人情報保護方針につきましては下記リンクよりご確認いただけます。
株式会社SmartHR