お使いのInternet Explorer 11はサポートを終了いたしました。最新のブラウザにアップデートしてご覧ください。

労務効率化を起点とした、従業員データの一元管理と人材マネジメントの推進を実現

株式会社ヤスナ設計工房

■ 業務課題と「SmartHR」導入理由
株式会社ヤスナ設計工房では、ペーパーレス化を通じて作業工数や経費の削減を推進しており、その一環として全従業員にとって身近な書類である給与明細の電子化を検討していました。また、組織力の強化につながる人事戦略の立案・実行に向け、タイムリーな情報共有や数値でのエビデンスの重要性が増す中で、表計算ソフトを用いた従業員データベースの管理がネックとなっていました。こうした背景から、人事・労務業務の効率化と、収集した従業員情報の管理から効果的な活用までワンストップで行える方法を模索していました。

「SmartHR」を利用すれば、給与明細をはじめとした各種労務手続きのペーパーレス化が可能です。さらに、労務手続きを行うと自動で「SmartHR」上の従業員データベースが更新されるため、常に最新で正しい従業員情報が蓄積されます。

また、「SmartHR」は労務効率化につながる機能に加えて、従業員向けのサーベイ機能や、従業員情報のレポート機能など、各種人事施策の実行を支援する人材マネジメント機能を有しています。サーベイ機能とレポート機能にはあらかじめフォーマットが用意されているため、専門知識がない方でも、すぐにご利用いただけます。さらに、人材マネジメント機能で取り扱う情報も「SmartHR」上に集約できるため、人事・労務に関するデータの分散を防ぐとともに業務の効率化に寄与します。

上記のような機能的特徴のほか、給与計算ソフトとの連携が他社サービスと比較して簡易で使いやすい点や、カスタマイズ性が高い点、サービス画面が見やすく操作が分かりやすい点など、実運用のしやすさが評価されました。

導入にあたり、人事・労務担当者はもとより、労務手続きを行う全従業員の業務効率化を通じた生産性向上と、全社的なDXに関する取り組みが進展するきっかけとなることが期待されています。