プレスリリース

SmartHRとマネーフォワードが連携を強化、 マネーフォワード クラウド給与の年末調整機能からSmartHR専用源泉徴収票CSVを出力可能に

〜 SmartHRはデータの整形不要でスムーズに源泉徴収票を作成 〜

株式会社SmartHR(本社:東京都港区、代表取締役:宮田 昇始)が運営する、クラウド人事労務ソフト「SmartHR(スマートエイチアール)」と株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:辻 庸介)が運営するクラウド型給与計算ソフト「マネーフォワード クラウド給与」は、人事労務担当者により効率的にサービスを活用してもらうための機能連携強化の一環として、「マネーフォワード クラウド給与」の年末調整機能から確定済データをそのままSmartHRに取り込むことが出来る「SmartHR取込用の源泉徴収票CSVダウンロード機能」をマネーフォワード クラウド給与にてリリースいたしました。

この度の機能リリースにより、SmartHRを利用している人事労務担当者は、マネーフォワード クラウド給与の年末調整機能で行った年末調整の確定済データをSmartHRに取り込むためのCSVをマネーフォワード クラウド給与からダウンロード可能になりました。「SmartHR専用CSVダウンロード」ボタンをクリックしてダウンロードしたCSVは、SmartHRの源泉徴収票機能にそのまま取り込めます。

■ 機能リリースの背景
これまで、マネーフォワード クラウド給与の年末調整機能を利用しているユーザーは、SmartHRに源泉徴収票を取り込む際、CSVデータを整形する必要がありました。この度、「SmartHR専用CSVダウンロード機能」がリリースされたことで、CSVデータの整形を行うことなく出力結果をそのままSmartHRに取り込むことが可能になり、源泉徴収票の作成をよりスムーズに実施できます。
SmartHRは、優れた他サービスとの連携を強化することで利便性を高め、人事労務分野における業務効率化に貢献し、「気持ちよく働ける会社」を日本に増やしていきます。

■ SmartHRの今後の展開
SmartHRは、人事労務の業務効率化および働くすべての人の生産性を向上させる、「クラウド人事労務ソフト」です。労務手続き・従業員管理・年末調整等のアナログな部分をなくし、業務の煩雑なコミュニケーションを減らすことで、人事労務担当者も従業員も”本当に必要な仕事”に集中できる時間をつくります。また、SmartHRに蓄積されたデータは戦略人事や組織改革における意思決定を促進します。

■ サービス概要
クラウド型給与計算ソフト「マネーフォワード クラウド給与」について
「マネーフォワード クラウド給与」は、面倒な給与計算が3ステップで完了できる給与計算ソフトです。Web給与明細、社会保険、労働保険、所得税や年末調整にも対応。ミスや二度手間をなくして時間とコストの大幅削減を可能にします。

クラウド人事労務ソフト「SmartHR」について
SmartHRは、2年連続シェアNo.1()のクラウド人事労務ソフトです。雇用契約や入社手続き、年末調整などの多様な労務手続きのペーパーレス化を実現します。組織状態の可視化・分析に活用可能な「従業員サーベイ機能」を、2020年9月より提供開始。さらに、勤怠管理や給与計算システムなど、様々なサービスとの連携も充実しています。
SmartHRは、煩雑で時間のかかる労務手続きと管理から経営者・人事労務担当者・従業員を解放し、”本当に必要な仕事”に集中できる時間をつくることで、企業の生産性向上を後押しします。
※『HRTechクラウド市場の実態と展望 2019年度 労務管理クラウド部門』ミック経済研究所調べ

■ 会社概要

  • 社名:株式会社マネーフォワード
  • 代表取締役社長CEO:辻 庸介
  • 事業内容:PFMサービスおよびクラウドサービスの開発・提供
  • 設立:2012年5月
  • 本社:東京都港区芝浦 3-1-21 msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21F
  • 企業URL:https://corp.moneyforward.com/
  • 社名:株式会社SmartHR
  • 代表取締役:宮田 昇始
  • 事業内容:クラウド人事労務ソフト「SmartHR」の企画・開発・運営・販売
  • 設立:2013年1月23日
  • 資本金:4億9000万円
  • 本社:東京都港区六本木3-2-1 六本木グランドタワー39F
  • 企業URL:https://smarthr.co.jp/

 

※記載情報は、発表日現在のものです。情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。