お使いのInternet Explorer 11はサポートを終了いたしました。最新のブラウザにアップデートしてご覧ください。

プレスリリース

従業員1,400名超、2社のグループ会社を持つキューアンドエーが「SmartHR」と「Smart相談室」を導入

〜 従業員のニーズ可視化と心のケアやキャリア形成を支援し、組織を活性化 〜

 株式会社SmartHR(本社:東京都港区、代表取締役CEO:芹澤 雅人)が運営するクラウド人事労務ソフト「SmartHR(スマートエイチアール)」と株式会社Smart相談室(本社:東京都港区、代表取締役・CEO:藤田 康男)が運営する、法人向けオンライン対人支援サービス「Smart相談室(スマートそうだんしつ)」が、キューアンドエー株式会社(本店:宮城県仙台市、代表取締役 社長:野村 勇人)に導入されました。

Q&AとSmart相談室とSmartHRロゴ

■ 業務課題と「SmartHR」導入理由
 ICTテクニカルサポートサービス事業を提供するキューアンドエー株式会社では、絶えず生まれる新しい技術やソリューションに対応するため、デジタル技術に深く精通したコンサル人材の育成が求められていました。また、少子高齢化や人材の流動化により人材の確保が難しいことや、従業員のグローバル化、時短勤務・リモートワークなどの柔軟な勤務制度への期待など、多様化する従業員の価値観を尊重するため人事部の課題は複雑化していました。
 同社は経営ビジョンに「現場に寄り添う、ハピネス経営」を掲げており、定期的な従業員満足度調査の実施や、産業医・社内相談窓口の設置を通して、従業員の現状を理解しケアすることで休職率低下・定着率向上を目指していました。また人事評価制度の刷新によりグレードごとのスキルを再定義、中長期的に従業員の成長を促進するキャリア開発も行っていました。
 しかし、外部委託の満足度調査では設問のカスタマイズや調査結果の詳細な分析が難しく、従業員の本音の網羅的な収集や多角的な分析が出来ていませんでした。カウンセリング体制については相談による社内評価への影響や、相談相手を選べないことによる本音の伝えづらさが課題としてありました。キャリア開発では従業員に求めるスキルを再定義したものの、社内にキャリア開発を支援するノウハウがなく従業員をサポートする体制を模索していました。
 同社はさらなる事業の成長にむけ、従業員とより深く向き合い丁寧なサポートを行うため、以前より導入していた「SmartHR」の「従業員サーベイ」機能の導入と、「SmartHR」のIDとパスワードを使用してカウンセリングサービスを利用できる「Smart相談室」の導入を決定しました。これにより、従業員のニーズを網羅的に収集し課題を明確化するとともに、従業員の心のケアからキャリア支援までを行い、組織の活性化を目指します。

■ 「SmartHR」の「従業員サーベイ」機能と「Smart相談室」の導入ポイント
(1)「SmartHR」の従業員サーベイで組織の現状を可視化し分析
 「SmartHR」の「従業員サーベイ」機能は、労務機能で収集した最新の従業員情報をもとに様々なアンケートを送付できます。アンケートの内容は組織論に基づき作成されたサーベイテンプレートをそのまま活用したり、アンケートごとに柔軟なカスタマイズが可能です。匿名回答の設定により従業員側も抵抗なく安心してアンケートに回答でき、正確な現状把握が行えます。またアンケート結果は、SmartHRの「部署」や「役職」、「雇用形態」や「入社年月日」などの従業員情報と組み合わせて分析ができるので、今まで把握が難しかった組織課題の発見に繋がります。従業員の本音を引き出し詳細な分析を行うことで、組織が抱える課題を正確に把握し、課題に対する精度の高い施策の実現に貢献します。

(2)「Smart相談室」で従業員の心のケアとキャリア形成を支援
 「Smart相談室」は、従業員のモヤモヤを解消し、メンタル不調を防ぐ「法人向けオンラインカウンセリングサービス」です。産業カウンセラーや公認心理師のほか、国家資格キャリアコンサルタントなど、さまざまな資格を持ったプロフェッショナルが在籍し、従業員の仕事上の悩みやキャリア開発に対応します。利用時には従業員が自ら相談相手を選べるため、カウンセラーとのミスマッチを防ぎ、より気軽にカウンセリングを受けることができます。また、従業員の相談内容は企業側に公開されないため、心理的安全性を確保しながら打ち明けられる環境を提供します。
 「Smart相談室」は「SmartHR」のIDとパスワードを使用してログイン可能です。「SmartHR」にログインしているユーザーは1クリックでスムーズに「Smart相談室」を利用できます。

■ 「Smart相談室」に期待すること

 現在も学習コンテンツやセルフストレス診断がありますが、さらにセルフケアができるコンテンツが充実し、従業員が日々Smart相談室マイページへアクセスし、今日の自身の状態が一目で分かるサイトになることを期待しています。

ライフインフラサポート事業本部 東日本ライフインフラサポート事業部 マネージャー 篠崎 丹美

 

■ 「SmartHR」に期待すること

 当社は、すべての従業員が仕事を楽しみ、自然と笑顔になれるような愛の溢れる職場環境を実現することで、お客さまに最高品質のサービス(感動のサービス)をお届けし、お客さまと感動を分かち合い、持続的に成長する100年企業を目指しています。上記を実現する上で、従業員の声(ESやキャリアビジョン等)を定期的にモニタリングすることが非常に重要です。従業員サーベイを活用することによって、これまで以上に上記のサイクルを加速し、ハピネス経営の実現を推進していきたいと考えております。今後更に従業員が回答しやすく、かつ結果分析がしやすいような機能拡張を期待しております。

人事総務本部 人事部 副部長 勝又 孝夫 様

 

■ 「Smart相談室」について
 「Smart相談室」は、働く人の「モヤモヤ」を解消し、「個人の成長」と「組織の成長」を一致させる法人向けオンライン対人支援サービスです。 メンタルケア、コーチング、法令対応を実現するストレスチェック・ハラスメント窓口などの機能を提供することで、企業の健康経営と働く人のWell-beingに寄与します。 一般的に「組織の成長」は経営計画を元に線形の右肩上がり、一方で「個人の成長」は曲線で個々人のライフイベントも加味しながら細かく上下を繰り返します。Smart相談室の対人支援サービスによって個人の成長をサポートし、両者のギャップを埋めることで組織全体の成長を支援します。

■ クラウド人事労務ソフト「SmartHR」について
 「SmartHR」は、労務管理クラウド6年連続シェアNo.1()のクラウド人事労務ソフトです。
 雇用契約や入社手続き、年末調整などの多様な労務手続きをペーパーレス化し、データとして蓄積。さらに、「SmartHR」に溜まった従業員データを活用した「人事評価」「従業員サーベイ」「配置シミュレーション」「スキル管理」などのタレントマネジメント機能により、組織の活性化や組織変革を推進し生産性向上を支援しています。アプリストアサービス「SmartHR Plus」は勤怠情報や給与情報などのサービスと連携できるアプリケーションを展開し、個社ごとのカスタマイズ性を高め、正確性や安全性の高いデータ連携を実現しています。
 「SmartHR」は、企業の生産性向上を後押しし、すべての人が働きやすい環境づくりに貢献します。
 ※デロイト トーマツ ミック経済研究所「HRTechクラウド市場の実態と展望 2023年度版」労務管理クラウド市場・出荷金額(2023年度見込) https://mic-r.co.jp/mr/03030/

■ Smart相談室会社概要

  • 社名:株式会社Smart相談室
  • 代表取締役・CEO:藤田 康男
  • 事業内容:「Smart相談室」の企画・開発・運営・販売
  • 設立:2021年2月1日
  • 本社:東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー
  • 企業URL:​https://smart-sou.co.jp/company 

■ SmartHR会社概要

  • 社名:株式会社SmartHR
  • 代表取締役CEO:芹澤 雅人
  • 事業内容:クラウド人事労務ソフト「SmartHR」の企画・開発・運営・販売
  • 設立:2013年1月23日
  • 資本金:9,990万円
  • 本社:東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー
  • 企業URL:​https://smarthr.co.jp/ 

※SmartHRのロゴなどのデータは、こちら(https://smarthr.co.jp/press-kit/)からダウンロードしてご利用ください。
※記載情報は、情報公開時点のものです。情報は予告なしに変更されることがありますので、 あらかじめご了承ください。