プレスリリース

データ活用プラットフォーム「ベネワン・プラットフォーム」と クラウド人事労務ソフト「SmartHR」がAPI連携


株式会社SmartHR(本社:東京都港区、代表取締役:宮田 昇始)が運営する、クラウド人事労務ソフト「SmartHR(スマートエイチアール)」は株式会社ベネフィット・ワン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:白石 徳生)が提供する「ベネワン・プラットフォーム」とのAPI連携を2021年10月28日より開始いたします。

■ 連携の概要
この度の連携により、SmartHRに登録されている従業員情報を、「ベネワン・プラットフォーム」の管理者が任意のタイミングで取り込むことが可能になります。これによって、サービス間での情報の登録および編集業務の手間とタイムラグをなくして最新の情報を利用しやすくするとともに、情報の二重管理を防ぐことで業務効率化を支援します。

<SmartHRからベネワン・プラットフォームに取り込み可能な情報>

  • 社員番号
  • 在籍状況
  • 氏名
  • 氏名(カタカナ)
  • ビジネスネーム:姓
  • ビジネスネーム:姓(カタカナ)
  • 生年月日
  • 性別
  • メールアドレス
  • 入社年月日
  • 退職日
  • 更新日時

■ SmartHRの今後の展開
SmartHRは、人事労務の業務効率化および働くすべての人の生産性を向上させる、「クラウド人事労務ソフト」です。労務手続き・従業員管理・年末調整等のアナログな部分をなくし、業務の煩雑なコミュニケーションを減らすことで、人事・労務担当者や従業員が”本当に必要な仕事”に集中できる時間をつくります。また、SmartHRに蓄積されたデータは戦略人事や組織改革における意思決定を促進します。

■ サービス概要
ベネワン・プラットフォーム」について
ベネワン・プラットフォームは、従業員のスキル・評価や、残業時間、異動情報等の人事データに加え、健診結果・生活習慣などの健康情報を一括で管理することができるデータ活用プラットフォームです。集積された従業員、組織ごとのデータ抽出・比較をはじめ、健康診断やストレスチェックの受診をリマインドしたり、異動のシミュレーション、労働基準監督署提出書類の出力等も行うことができます。

クラウド人事労務ソフト「SmartHR」について
SmartHRは、3年連続シェアNo.1()のクラウド人事労務ソフトです。
雇用契約や入社手続き、年末調整などの多様な労務手続きをペーパーレス化し、データとして蓄積。また、勤怠管理システムや給与計算システム等との連携により、様々なデータの一元管理も可能に。さらに、SmartHRに溜まった従業員データを活用した「人事評価」「従業員サーベイ」などの人材マネジメント機能により、組織の活性化や組織変革を推進。すべての人が働きやすい環境づくりに貢献します。
SmartHRは、煩雑で時間のかかる人事・労務業務から経営者、人事・労務担当者、従業員を解放し、企業の生産性向上を後押しします。
※デロイト トーマツ ミック経済研究所調べ『HRTechクラウド市場の実態と展望 2020年度 労務管理クラウド部門』

■ 会社概要

  • 社名:株式会社ベネフィット・ワン
  • 代表取締役社長:白石 徳生
  • 事業内容:福利厚生事業
         ヘルスケア事業
         インセンティブ事業
         購買・精算代行事業
         パーソナル事業
         CRM(Customer Relationship Management)事業 他
  • 設立:1996年3月15日
  • 資本金:15億27百万円
  • 本社:東京都千代田区大手町二丁目6番2号 JOB HUB SQUARE9階
  • 企業URL:https://corp.benefit-one.co.jp/
  • 社名:株式会社SmartHR
  • 代表取締役:宮田 昇始
  • 事業内容:クラウド人事労務ソフト「SmartHR」の企画・開発・運営・販売
  • 設立:2013年1月23日
  • 資本金:83億1452万円
  • 本社:東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー
  • 企業URL:https://smarthr.co.jp/

※記載情報は、発表日現在のものです。情報は予告なしに変更されることがありますので、 あらかじめご了承ください。