お使いのInternet Explorer 11はサポートを終了いたしました。最新のブラウザにアップデートしてご覧ください。

人事・労務業務におけるペーパーレス化と従業員情報の一元管理を推進

株式会社佐電工

■ 業務課題と「SmartHR」導入背景

株式会社佐電工では、年末調整や入退社の手続き、社内書類の提出といった人事・労務業務に紙媒体を使用しており、業務効率に課題を感じていました。また、従業員情報を紙媒体と表計算ソフトにまたがって管理しており、情報の修正や更新といった業務に過度な工数がかかっていました。そこで、ペーパーレス化と従業員情報の一元管理を通じた業務効率化を目的に、「SmartHR」の導入検討を開始しました。

「SmartHR」を使用すれば、雇用契約の締結や入社手続き、年末調整を始めとした人事・労務に関わる手続きをオンラインで完結できるため、ペーパーレス化を通じた労務業務の効率化が可能です。
紙による社内書類を電子申請電子承認に切り替えることで、ペーパーレス化と同時に社員の書類作業負担の軽減が可能になるため、導入が決定しました。

■ 「SmartHR」に期待すること

人事業務のDX(デジタル・トランスフォーメーション)を進める手段を模索していました。「SmartHR」の導入により、いつでも、どこでも、手軽に、従業員自身が入力や申請手続ができるようになるため、社員の負担軽減と業務効率化に期待しています。今後は、勤怠管理システムの刷新や、社員の健康管理、人事評価などにも展開できればと思っております。
また、導入を通じ紙の申請が無くなることによる、カーボンニュートラルへの寄与も期待しています。

株式会社佐電工 取締役 管理本部 副本部長 今泉 洋嗣 様