お使いのInternet Explorer 11はサポートを終了いたしました。最新のブラウザにアップデートしてご覧ください。

DXを通じ、本来注力すべき店舗業務へ集中できる環境へ

株式会社リンガーハット

■ 業務課題と「SmartHR」導入背景

株式会社リンガーハットでは、各店舗の責任者が労働契約の締結・更新や本社との書類のやり取りなど人事・労務業務に時間を割いており、接客やOJT教育といった本来注力すべき業務に十分な時間があてられていない状況に課題を感じていました。それらを解決するために、従業員の業務を効率化するDX(デジタルトランスフォーメーション)への着手は急務でした。

「SmartHR」を使用すれば、人事・労務の手続きに必要な情報の入力を従業員自身がオンラインで行えるため、従業員情報の収集や整理、紙媒体の送付などに費やしていた時間を、本当に必要な業務にあてることができます。また、基本的な機能に加え、導入・運用を安心して進められるサポート体制や、大手企業での運用実績などが評価され、導入が決定しました。

■ 「SmartHR」に期待すること

SmartHRの導入によって、人事労務部門だけではなく、最前線である店舗の作業効率を向上させ、「働き方改革」を進めるきっかけになると確信しています。
今後もW㏌-W㏌の関係で働くすべての人の時間を有意義なものになるよう環境整備に期待しています。

株式会社リンガーハット 人事チーム チームリーダー 田川 裕介 様