お使いのInternet Explorer 11はサポートを終了いたしました。最新のブラウザにアップデートしてご覧ください。

従業員情報の収集・管理業務の支援を通じて、業務のオペレーションの改善を後押し

株式会社ツマミナ

■ 業務課題とSmartHR検討背景

博多市を中心に外食事業・飲食店を展開する株式会社ツマミナでは、労務管理業務の標準化に課題を抱えていました。特に従業員情報の収集・管理におけるフローの確立ができておらず、事業拡大を続ける中で、入退社の手続きや雇用契約書の管理などの業務オペレーションが追いつかなくなるという危機感がありました。

「SmartHR」を使用すれば、従業員自身がPCやスマートフォン上で入力した情報を、人事・労務の担当者がオンラインで管理できます。さらに、電子申請機能によって役所へ行かずに手続きが完了できるため、従業員情報の収集・管理における業務効率化が可能です。上記機能に加えて、画面のデザインや操作性がわかりやすく従業員の円滑な利用が進みそうな点や、導入前の提案やトライアル期間のサポート体制などが評価され、正式導入が決定しました。

 

■ 「SmartHR」の導入について

導入決定後、オンボーディングを受ける中でサポート体制の素晴らしさを感じました。担当者のスムースなリードにより、早々にシステムの全容を掌握したり、操作の勘どころを掴むことが叶っています。WEBでの打ち合わせには不安もありましたが、担当者の段取りやペース配分も絶妙で、本当に安心して身を委ねることが出来ました。
弊社が「組織の規模の壁」を突破してアジャストしていけるようにするための、最適な選択だったと感じています。

株式会社ツマミナ 取締役 大和 正統 様