お使いのInternet Explorer 11はサポートを終了いたしました。最新のブラウザにアップデートしてご覧ください。

人事・労務業務におけるペーパ-レス化を通じて、DXを後押し

株式会社フォレストホールディングス

■ 業務課題と「SmartHR」導入背景

株式会社フォレストホールディングスでは、人事労務関連の申請業務は、紙(申請書)がベースとなっており、手続きそのものが煩雑な状況です。特に、グループの従業員約4,500人分を処理する年末調整や給与処理業務では、最終的に申請書の内容を、担当者が従業員と直接連絡を取り合って確認するなど属人的な運用が多く見られ、いかに業務を効率化し生産性の向上を図るかが喫緊の課題となっています。

「SmartHR」を使用すれば、従業員自身がPCやスマートフォン上で入力した情報を、人事・労務の担当者がオンラインで管理できるため、属人的で生産性に課題のある運用から解放され、加えて年末調整や入退社の手続きなど、人事・労務業務におけるペーパーレス化が実現可能となります。現在、社内でも様々な「生産性革命」の取り組みが行われていますが、人事部門から、DX(デジタル・トランスフォーメーション)の先駆けとしてSmartHRの導入を決定しました。

 

■ 「SmartHR」の導入について

人に頼る部分が多く効率の良くない運用体制が、SmartHRの導入により大きく変わると考えています。人事労務部門の業務が効率化し、従業員も多くの煩わしさから解放されることで、全社的な生産性向上と今後の働き方改革につなげて行きたい そんな思いがあります。また、ペーパーレス化が進み、従業員が直接「手続き」に関わることで、「自身の個人情報を管理する(守る)」ことへの意識が醸成されることも副次的な効果として大きく期待するところです。

株式会社フォレストホールディングス 取締役執行役員人事部長 今戸 浩一郎 様