年末調整が必要な人・不要な人とは - SmartHR ヘルプセンター

年末調整が必要な人・不要な人とは

原則、「給与支給」を行っている人に対して事業主は年末調整を行う必要がありますが、下記に該当する人は年末調整は不要となります。

年末調整が必要な人

下記以外の人は原則必要です。

年末調整が不要な人

  • 給与収入が年間合計で2,000万円を超える人(※1)
  • 災害減免法の規定により、その年の給与に対する所得税及び復興特別所得税の源泉徴収について徴収猶予や還付を受けた人
  • 所得税を「乙欄」で控除している人(アルバイトなどかけもちをしていて他社の方が収入が多い人)
  • 今年の途中で退職した人
  • 今年に中途入社をした人で、前職の源泉徴収票(今年分)の提出ができない人。(※1)
  • 業務委託契約など「給与」の支給ではない人
  • 派遣社員など、直接雇用をしていない人

※1 年末調整は不要ですが、来年度の扶養控除等申告書の提出は必要です。

国税庁のサイトも合わせてご確認ください。

年末調整が不要な人の設定

年末調整が不要な人には、CSVによる書類作成依頼で「対象外」と選択することができます。

導入企業数20,000社を突破!

詳しい情報を見る

カテゴリー