労働保険の年度更新FAQ

労働保険の年度更新FAQ

Q1. SmartHRで作成した申告書を離職票のように印刷してもらうことはできますか?

大変申し訳ありません。
年度更新の申告書の印刷代行は承っておりません。大変お手数ですが申告書への転記をお願いします。

Q2. 転記をしていたら申告書の記入を間違えてしまいました。どうすればいいですか?

領収済通知書の納付金額以外であれば、訂正後の数字(文字)がわかるように書き直してください。訂正印の必要はありません。

Q3. 領収済通知書(納付書)の金額を間違えて記入してしまいました。どうしたらいいですか?

納付額の訂正はできませんので、新しい領収済通知書が必要です。
領収済通知書は最寄りの労働基準監督署及び労働局にありますので取寄せをお願いします。
なお、他都道府県の領収済通知書での納付はできませんのでご注意ください。

Q4. 保険料は分割して支払うことはできますか? 「延納」の申請欄にチェックを行えば受付されますか?

概算保険料額が40万円以上(労災保険・雇用保険のみ加入の場合は20万円以上)となる場合のみ、分割(延納)可能です。
概算保険料と確定保険料の合計が40万円を超えても分割支払をすることはできません。
あくまでも概算保険料が40万以上というのが条件となっています。

Q5. SmartHR では分割納付に対応していますか?

恐れ入りますが、分割納付には対応していません。
7月10日締切の納付のみ、対応しております。
分割納付の方法等については、管轄の労働基準監督署及び労働局にお問い合わせください。

Q6. 社長や取締役だけになったので納付金額がない(労災・雇用保険の加入がない)のですが申告書が送られてきました。どうしたらいいのですか。

申告書のみを管轄の労働基準監督署、労働局または社会保険・労働保険徴収事務センターに提出してください(労働局への郵送も可能です)。

Q7. 7月10日の期限を過ぎてしまいました。今から申告することは可能ですか?

可能ですので速やかに申告しましょう。
ただし、期限からどのくらい経過しているかによっては対応が変わる可能性がありますので、恐れ入りますが期限を過ぎてしまった場合の申告方法は管轄の労働基準監督署及び労働局にお問い合わせください。

導入企業数10,000社を突破!

詳しい情報を見る