有給休暇 - SmartHR ヘルプセンター

有給休暇

ゆうきゅうきゅうか

有給休暇は一定期間続けて勤務した労働者に対して、賃金を減らされずに与えられる休暇のことです。

これは労働基準法で定められている休暇で、勤務で疲れた心身をリフレッシュさせる目的があります。

雇用されてから6ヶ月以上、全労働日の8割以上出勤した労働者は、自分が指定した日に休暇をとることができます。

週に5日出勤している労働者の場合、6ヶ月で10日・1年6ヶ月で11日・2年6ヶ月で12日と増えていき、3年6ヶ月から6年6ヶ月までは2日ずつ加算されていきます。

1年間で全部の有給を消化できなかった場合は、20日間を限度として繰り越すことが認められています。

週に1日から4日の勤務の場合は、日数に応じて比例付与されます。

また、労使協定を結ぶことで、5日分を限度として時間単位での有給を取ることもできるようになっています。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー