退職届 - SmartHR ヘルプセンター

退職届

たいしょくとどけ

勤務先を辞める意思を表示するための書類で、辞めたいと願い出る「退職願」より強い意思を表しているとされています。

退職願は辞めることを撤回できるのに対し、退職届は撤回できないとされています。

退職届は手書きで作成するのが原則です。市販の便せんなどに縦書きで退職理由や退職する年月日などを記入し、自分の名前と届出る相手の名前を書き添えます。

届け出る相手の名前は事業主になりますが、作成した退職届を渡す相手は直属の上司であることが一般的です。年月日が記された大切な届になるので、上司の不在時に机の上に置いておいたり、渡しておくよう他の人に頼んだりはせず、自分の手で直接渡すようにしましょう。

どうしても上司が受け取ってくれない場合は、内容証明郵便で郵送するという方法もあります。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー