改正育児・介護休業法 - SmartHR ヘルプセンター
SmartHR ヘルプセンター > 手続き > 改正育児・介護休業法

改正育児・介護休業法

かいせいいくじかいごきゅうぎょうほう

育児・介護休業法は何度か改正を重ねていますが、平成29年10月から施行される改正法は育児休業にかかわるものが中心です。

現行の育児休業期間は生まれた子どもが1歳になるまでですが、保育園に入園できないなどの理由があれば子どもが1歳6ヶ月になるまで延長できることになっています。

改正後は子どもが2歳になるまでの期間にさらに延長されます。ただし2歳まで延長するためには、子どもが1歳6カ月になった時点で再度申請をすることが条件です。

事業主に対しては、労働者から育児休業の相談があったら休業に関するルールがあることを伝える努力をすること、小学校入学前の子どもの入園式といった行事に父親も参加できるように、育児のための休暇を設ける努力をすることが求められるようになります。

【参考】
※ 平成29年10月1日から改姓育児・介護休業法がスタートします – 厚生労働省

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー