フレックスタイム制 - SmartHR ヘルプセンター
SmartHR ヘルプセンター > 手続き > フレックスタイム制

フレックスタイム制

ふれっくすたいむせい

フレックスタイム制とは、雇用主と労働者の間で1カ月の総労働時間をあらかじめ定めておき、トータルでその労働時間を消化できていれば、労働者はその間の出社・退社時間を自由に決めることができる制度です。

フレックスタイム制には、1日の労働時間の中で必ず勤務していなければならない時間帯(コアタイム)が設定されることがあります。

この場合、労働者は原則コアタイム以外の時間で、出社・退社時間を設定しなくてはなりません。ただしコアタイムはフレックスタイム制においては必須とされていませんので、雇用主と労働者の間で合意があれば全ての労働時間をフレックスタイムにすることが可能です。

フレックスタイム制は労働者のワークライフバランス充実のために設けられ、労働時間を短縮する目的があります。

そのため、フレックスタイム制といいながらも雇用主がほとんどの時間をコアタイムに設定した場合は、実質的にはフレックスタイム制とはみなされないことがあります。

【参考】
フレックスタイム制とは – 厚生労働省

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー