催告の抗弁権 - SmartHR ヘルプセンター
SmartHR ヘルプセンター > 法律 > 催告の抗弁権

催告の抗弁権

さいこくのこうべんけん

「催告の抗弁権」とは、民法で定められているもので「私に損害賠償などを請求する前に、本人に請求してください」と主張できる保証人の権利のことです。

金融機関で借り入れをするときに保証人を立てることがありますが、催告の抗弁権があれば、債務者の返済が滞った場合でも、まずは本人に返済するよう主張し保証人自身はお金を払うことを拒否できます。

ただし債務者が破産した場合や行方不明の場合、または連帯保証人である場合には、権利の主張はできないとされています。

労働契約をするときに提出を求められることの多い「身元保証書」に「保証人は催告の抗弁権を放棄するものとする」という言葉が見られることがありますが、法律では「身元保証人にとって不利益になる契約は無効である」と規定されているため、たとえ署名・捺印していてもこれは無効になります。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー