セルフケア - SmartHR ヘルプセンター

セルフケア

せるふけあ

厚生労働省では「労働者の心の健康の保持増進のための指針」(メンタルヘルス指針、平成18年3月策定)を掲げ、その項目の中で「心の健康づくり計画」を策定しています。

各事業所はこの指針を元に職場でのメンタルヘルス対策を推進しています。心の健康づくり計画には4つの対策があり、「セルフケア」はそのうちの1つとして含まれています。

「セルフケア」は労働者自身がストレスやメンタルヘルスについて正しく理解し、ストレスに気付いたときにどう対処するのかを知っておくといった予防措置のことです。事業者は労働者個人がセルフケアを行えるよう継続的にサポートし、さらにメンタルヘルスケアの教育研修を実施したり、職場環境の改善をしたり、メンタル不調者を早期に見つけ対応することなどが求められます。

また、労働者が職場復帰する際には積極的に支援を行うこと、労働者に対しこのようなケアを行っていくためにも、事業者自身のセルフケアも必要不可欠であることなども明記されています。

【参考】
※ 職場における心の健康づくり4つのメンタルヘルスケアの推進7/28, 8/28ページ – 厚生労働省

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー