最低賃金 - SmartHR ヘルプセンター

最低賃金

さいていちんぎん

最低賃金法に基づいて国が定めた制度で、事業主が労働者に最低限支払わなければならない賃金のことです。

産業や職種に関係なく都道府県ごとに定められている「地域別最低賃金」と、特定の地域、産業で高い最低賃金を定めることができる「特定(産業別)最低賃金」があり、両方該当する場合は高い額の方が適用されます。

事業主は最低賃金額以上の賃金をすべての労働者に対して支払わなければならず、違反した場合は地域別最低賃金には50万円以下の罰金、特別(産業別)最低賃金には30万円以下の罰金がそれぞれ科せられます。

最低賃金額は定期的に見直され、少しずつ上昇しています。

最低賃金額の対象となるのは、時間外の割増賃金・家族手当・通勤手当・精勤手当などを除いた基本的な賃金額です。

最低賃金額の改定があった時は、時給額に換算して最低賃金額を下回っていないか確認するなど、事業主も労働者も注意する必要があります。

【参考】
※ 最低賃金制度とは – 厚生労働省

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー