労働者名簿 - SmartHR ヘルプセンター

労働者名簿

ろうどうしゃめいぼ

労働者名簿は、賃金台帳と出勤簿と合わせて法定3帳簿と言われている書類です。

労働者を雇い入れている事業主は、事業所の規模にかかわらず労働者名簿を作成し労働者が退職・解雇・死亡した日から起算して3年間の保存義務があります。

書類での保存だけでなく、すぐに印刷できる状態であれば電子媒体での保存も認められています。

記載しなければならない事項は、労働者の氏名・生年月日・性別、実際に連絡のとれる住所、業務の種類、異動や昇進などの事業所内での履歴、雇用年月日、退職年月日と退職理由、死亡退職の場合は死亡年月日と死亡理由です。

労働者名簿の決められた様式はないので市販されているものを利用しても良いですし、厚生労働省のホームページからダウンロードすることもできます。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー