休憩時間 - SmartHR ヘルプセンター

休憩時間

きゅうけいじかん

労働時間の途中で、労働者が仕事から離れて休憩することを保障された時間のことです。

労働基準法では、労働時間が6時間以内であれば休憩は不要、6時間以上8時間以内の場合は45分以上、8時間を超える場合は1時間以上の休憩を与える必要があるとしています。

休憩時間内は労働者が自由に過ごしてよいのですが、職場から出る際は許可を得るなどのルールを設けても良いことになっています。

労働者全員に一斉に休憩時間を与えるのが原則ですが、接客業・医療福祉業・運輸業など一定の業種では、その業務の特性から交替で休憩時間を与えても良いことになっています。

これらの業種以外でも、事業主と労働者の間で休憩時間に関する協定を結べば、例外として交替で休憩させることが認められます。

ただし、事業経営や管理監督者の立場にある人は、休憩時間のルールは適用されません。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー