国民年金第3号被保険者 - SmartHR ヘルプセンター
SmartHR ヘルプセンター > 労務 > 国民年金第3号被保険者

国民年金第3号被保険者

こくみんねんきんだいさんごうひほけんしゃ

会社員や公務員など国民年金第2号被保険者(以下、第2号)として厚生年金に加入している人の配偶者のことです。

厚生年金の加入者(第2号)が扶養している20歳から60歳までの専業主婦(主夫)、同じくパート勤務をしていても年収130万円未満の人が対象になります。

保険料は第2号の人が加入している厚生年金の加入者全員で負担する仕組みになっているので、国民年金第3号に該当する人は自分で保険料を支払う必要はありません。

配偶者が会社を辞めたりして厚生年金から外れた場合は、国民年金第1号被保険者となるため、60歳になるまで保険料を納める必要があります。

保険料を納付しないと、将来もらえる老齢年金の額が少なくなったり、重い障害を負ってしまった場合でも、障害年金を受け取れなくなる可能性があるので注意しましょう。

【参考】
※ 国民年金の第3号被保険者制度のご説明 – 日本年金機構

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー