健康診断 - SmartHR ヘルプセンター

健康診断

けんこうしんだん

事業主は、費用を負担して労働者に健康診断を受けさせる義務があると労働安全衛生法で定められています。

事業所の規模に関係なく、労働者を1人でも雇用していれば実施しなくてはなりません。

健康診断は新しく労働者を雇い入れるときに行い、定期診断は1年ごとに1回・深夜業務や有害物質を扱う業務を担当している労働者に対しては6ヶ月ごとに1回・6ヶ月以上海外派遣される労働者に対しては出入国時に実施します。

定期健康診断の一般的な検査項目は、病歴や自覚症状の有無、身長・体重・腹囲・視力・聴力検査、血圧測定、胸部エックス線検査及び喀痰検査、採血による貧血・肝機能・血中脂質・血糖の検査、尿検査、心電図検査です(喀痰検査は雇用時には行いません)。

健康診断の結果は労働者に知らせ、異常があれば医師の意見を聞き、5年間保管する義務もあります。

また、50人以上の労働者がいる事業所では労働基準監督署に健康診断の結果を報告することになっています。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー