時季変更権 - SmartHR ヘルプセンター

時季変更権

じきへんこうけん

繁忙期などに労働者が申請した有給休暇の希望日を、人員の確保が難しいなどの理由で事業主(労務管理者)が他の日に変更を打診できる権利のことです。

権利といってもあくまで変更を願い出る程度にとどまるもので、強制的に変更させるほどの強い権限ではありません。

打診するにあたっては、他にも有給休暇を取得する労働者が複数いるので出勤してほしい、その労働者にしかできない業務がその日にあるので出勤してほしいなど、事業の正常な運営を続けるために出勤してほしい理由が必要です。

ある裁判では、「忙しいから休むのは他の日にしてほしい」と主張した事業主に対し、慢性的な人手不足を放置している状態では時季変更権を主張することはできないとした例もあります。

有給休暇の取得は、勤務を継続してきた労働者に付与される権利なので、自由に取得できるよう管理者が配慮することが望まれます。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー