比例付与 - SmartHR ヘルプセンター

比例付与

ひれいふよ

正社員などが取得できる有給休暇の日数を基準にし、パート職員や嘱託職員などにも日数を調整して有給休暇を与えることです。

時間給のパート職員などには有給休暇がもらえないと誤解している人もいますが、有給休暇の比例付与は労働基準法で規定されています。たとえば正社員として雇用されたあと、6ヶ月間勤務した場合に取得できる有給休暇は10日ですが、週に4日勤務するパート職員では7日間の有給休暇が与えられます。

対象になるのは週の労働時間が30時間未満かつ労働日数が4日以下の労働者、または週の労働時間が30時間未満かつ年間の労働日数が216日以下の労働者です。

ただし短時間でも週に5日労働するアルバイト、日数が少なくても週に30時間以上労働するパート職員などには、正社員と同じ日数の有給休暇を与えなければならないので注意しましょう。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー