母性健康管理 - SmartHR ヘルプセンター
SmartHR ヘルプセンター > 労務 > 母性健康管理

母性健康管理

ぼせいけんこうかんり

女性労働者が妊娠中も育児中も安心して働けるように、事業主や周りの労働者、主治医などが連携して労働環境を整えようという考え方です。

厚生労働省で提唱しているもので、「女性にやさしい職場づくりナビ」というサイトで詳しく紹介されています。

母性健康管理には、「事業主は妊娠している女性労働者の定期検診の時間を確保したり、必要に応じて業務を軽減する」といった対応方法が示されています。

また、妊婦である女性労働者には、「母性健康管理指導事項連絡カード(母健連絡カード)を利用して事業主に休業、業務の軽減を申し出る」といったアドバイスがなされています。

母健連絡カードは、医師、女性労働者、事業主をつなぐいわば連絡帳で、女性労働者に必要な職場での対応について医師が記入し、女性労働者を通じて事業主に伝えるものです。

切迫流産・早産などで休業が必要になった場合も、母健連絡カードがあれば新たに診断書を提出する必要はないとされています。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー