無期転換 - SmartHR ヘルプセンター

無期転換

むきてんかん

期間に定めのある有期労働契約をしている労働者が希望した場合には、期間の定めのない無期労働契約に転換できるというルールのことを指しています。

同じ事業所で有期労働契約の更新を繰り返し、通算5年を超えて勤務した労働者は、希望すれば無期労働契約に転換できるという法律が2013年4月に施行されました。

事業主には、契約社員・嘱託社員・パート職員などの名称にかかわらず、有期労働契約者の希望を受け入れる義務があります。施行後5年目となる2018年4月を迎えるにあたり、無期転換を前倒しで実施している事業所も見られます。

法律では有期契約を無期契約に転換することのみを定め、待遇面での規定はされていませんが、労働人口が減少する中で優秀な人材の流出を危惧している事業所も多く、無期転換と同時に賃金額を上げるなどの待遇改善をしているところもあります。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー