改正パートタイム労働法 - SmartHR ヘルプセンター
SmartHR ヘルプセンター > 雇用 > 改正パートタイム労働法

改正パートタイム労働法

かいせいぱーとたいむろうどうほう

「短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律」が正式名称で、平成5年に定められた法律ですが、ここでは平成26年に改正、平成27年から施行されたものを指しています。

契約社員・アルバイト・パート職員など呼び方はさまざまですが、すべてパートタイム労働者として扱われます。パートタイム労働法は、少子高齢化が進む日本の中で重要な役割を担っているパートタイマーが、働きに見合う待遇を得られることを目的としています。

改正によって、期間に定めのある有期労働契約者でも正社員と同等の仕事をしている場合には差別的扱いをしてはならないこと・正社員とパートタイム労働者で待遇を違うものにする場合は合理的な内容にすること・事業主が賃金制度や正社員転換制度等についてパート労働者に説明すること・事業主が相談窓口を設けパートタイム労働者に窓口のことを知らせることなどが盛り込まれました。

パートタイム労働法で規定されている内容を守らない事業所は、名前を公表されたり過料を科せられたりするなどの罰則も新設されました。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー