お使いのInternet Explorer 11はサポートを終了いたしました。最新のブラウザにアップデートしてご覧ください。

アップデート情報

従業員のCSVインポートに対応。二段階認証機能でセキュリティも強化


こんにちは、SmartHR を開発している株式会社KUFU 代表取締役の宮田です。

前回に引き続き、今回は10月前半のアップデートまとめです。
今回のアップデートは3つとも自信作です(使いやすさ的な意味で)。早速どうぞ!

 

主な新機能・カイゼン点

1. 従業員のCSVインポートができるように

当初、10名未満の企業さまが大多数になると見込んでいたのですが、最近では50名を越える企業さまからもβ版のリクエストをいただくようになってきました。

ご要望を多くいただくようになりましたので、優先度を上げてCSVインポート機能に対応しました。

↓ ボタン「従業員を追加する」をクリックで、下記のような選択肢が表示されます
53530722-7272-11e5-930e-7dfbb97ed6dd

↓ CSVのアップロード画面です。サンプルのCSVダウンロードや、データの記入例が記載されています
スクリーンショット 2015-10-19 18.49.45

↓ インポートに成功しました!
スクリーンショット 2015-10-19 18.50.09

↓ エラー画面も見やすい(エラーにならないのが一番ですが)
スクリーンショット 2015-10-19 18.50.17

 

2. 二段階認証でセキュリティを強化

マイナンバーの収集・管理機能の実装に伴い、セキュリティ強化にも力をいれています。

SmartHR側だけでなく、ユーザーさん側でもセキュリティを高められるようニ段階認証機能を追加しました。

↓ 二段階認証の設定画面。専用のアプリでQRコードを読み込みます
pasted_image_at_2015_10_19_07_03_pm

↓ アプリ側にワンタイムパスワードが表示されます。
slack_for_ios_upload

参考: 2段階認証でのログイン方法

1. 通常ログインと同様に、まずはメールアドレスとパスワードを入力します。
2. ワンタイムパスワード(6桁)を入力するフォームが表示されます。
3. 指定のスマートフォンアプリから取得したワンタイムパスワードを入力しログインします。

↓ 万が一、スマートフォンをなくした場合のバックアップコードも用意されています。

8c3c0394-7412-11e5-98d6-8449ffc08201

SmartHRでは、二段階認証以外にも「1企業1データベース」「重要な操作履歴の保存」「ISMSの取得(現在申請中)」など、セキュリティの強化にも取り組んでいます。

 

3. 雇用形態の選択が可能に

従業員情報を登録時に、雇用形態を選択できるようになりました。

スクリーンショット 2015-10-19 19.14.45

現在のところは人事情報管理に利用できるだけですが、今後は自動で書類や手続きの場合分けも出来るようになっていきます。

さいごに

その他、小さなカイゼンも日々行っています。

ご意見やご要望などは、画面の右下「フィードバック」、もしくは Facebookページ公式Twitterお問い合わせフォームからお気軽にご連絡頂ければと思います。

それでは、今後ともSmartHRを宜しくお願い致します!