お使いのInternet Explorer 11はサポートを終了いたしました。最新のブラウザにアップデートしてご覧ください。

アップデート情報

2022年版年末調整機能での令和5年の扶養控除等(異動)申告書への対応内容について紹介します


こんにちは。SmartHRです。
10月上旬にリリース予定の2022年版年末調整機能における、令和5年の扶養控除等(異動)申告書への対応内容についてご案内いたします。

様式の変更内容

令和5年の扶養控除等(異動)申告書から、以下の2点が変更となります。

  • 「控除対象扶養親族」区分のうち「非居住者である親族」欄が変更となります。
  • 「退職手当等を有する配偶者・扶養親族」欄が追加となります。

変更点の詳細については、以下に記載した国税庁のWebサイトを参照ください。

2022年版年末調整機能で対応する内容

2022年版の年末調整機能で対応する内容は以下の通りです。

  • 非居住者の扶養親族の場合、以下条件に合致する場合は、令和5年扶養控除等申告書の該当箇所にチェックが入ります。
    • 年齢が16歳以上30歳未満または70歳以上である。
    • 留学生である。
    • 障害者である。
    • 送金額が38万円以上である。

留学生かどうかを判定するための項目が新たに追加されます。

  • 非居住者の扶養親族である場合、従業員の申告画面に「留学生かどうか」を確認するチェックボックスと「留学証明書類」の添付画像のフォームが新たに追加されます。

 

  • 扶養親族CSVに、以下の項目が追加されます。
    • 被扶養者 留学生
    • 被扶養者 留学生 留学証明書類の有無
  • 家族情報インポート用CSVに、以下の項目が追加されます。
    • 家族 留学生

扶養親族CSVおよび家族情報インポート用CSVの項目追加は、9月12日※より2021年版以前の年末調整機能でダウンロードできるCSVファイルにも適用されます。

 対応の予定日時は、9月12日 19:00〜20:00ごろを予定しております。

2022年版年末調整機能で対応しない内容

2022年版の年末調整機能で対応しない内容は以下の通りです。

  • 「退職手当等を有する配偶者・扶養親族」欄には、2022年版の年末調整機能では対応いたしません。

最後に

SmartHRでは、ご利用企業の声を積極的にサービス開発の参考にしていきたいと考えております。機能や画面のデザインなど、なにか気になることがございましたら、お気軽にお伝えください。

SmartHRの機能追加、改善に関する情報は「アップデート情報」や「リリースノート」にて、株式会社SmartHRの企業情報に関するニュースはFacebook・Twitterからもお知らせしています。

よろしければ「いいね!」「フォロー」をお願いします。

今後とも、SmartHRをよろしくお願いいたします。