お使いのInternet Explorer 11はサポートを終了いたしました。最新のブラウザにアップデートしてご覧ください。

アップデート情報

【CSV連携】値をコードに変換して出力できるようになりました


いつもSmartHRをご利用いただきありがとうございます。

この度、SmartHRの「CSV連携機能」で、従業員情報および家族情報を任意のコードに変換した状態でダウンロードできる機能を追加しました。

※以前のお知らせでお伝えした「二次リリース」に当たります。
【CSV連携】従業員リストを他システムに合わせたフォーマットでダウンロードできるようになりました

開発背景

連携先のシステムによっては、「男性、女性」といった文字列ではなく「0、1」といったコードで取り込む必要がございます。

現在、そのような連携先システムをご利用のお客さまにおいては、別途お客さま自身でExcelなどでコードに変換いただく作業が発生しており、一定の業務負荷をおかけしております。(下図参照)

この手間を解消するため、「CSV連携機能」にコードに変換する機能を追加します。
【CSV連携機能】コード変換のイメージ図

機能の概要

【CSV連携機能】コード変換機能の概念図
今回の機能は、「システム標準マスター」や「カスタムマスター」をもとに、SmartHRに登録された従業員情報・家族情報を、コードに変換してCSVファイルへ出力できる機能です。

準備

システム標準マスター

「共通設定>マスターデータ」から、「部署コード」「雇用形態コード」「役職コード」「給与支給形態コード」「続柄コード」それぞれを登録できます。

これまでは「部署」のみコードを登録できましたが、今回のリリースより、「雇用形態」「役職」「給与支給形態」「続柄」にもコードを登録・保持させることができます。

カスタムマスター

「共通設定>マスターデータ」から、カスタムマスターを登録できます。性別マスターや事業所マスターなど、連携先のシステムに合わせた任意のマスターデータをSmartHRに登録できます。

CSVファイルによる一括追加・更新も可能です。

【CSV連携機能】カスタムマスター編集画面・キャプチャー図

変換設定〜CSVダウンロード

「共通設定>外部システム連携>カスタムダウンロードフォーマット」から、コードへの変換設定が可能です。

ダウンロード項目を追加・編集する際に[SmartHRの項目]を選択すると、変換可能な項目(※)の場合に変換設定が表示されます。[変換する]を選択すると、対応するコードが登録されたマスターデータを選択できます。

※選択式の項目のみ、マスターを用いてコードに変換できます。
(例:「戸籍上の性別」「事業所」「在籍状況」など)

「従業員リスト>従業員情報ダウンロード」でコード変換設定を含むカスタムダウンロードフォーマットを利用することで、指定した値がコードに変換されたCSVファイルを出力できます。

リリース時期

2022年1月25日(火)リリース済み

なお「CSV連携機能」は、スタンダードプラン/プロフェッショナルプラン(※1)でのご提供となります。
※1:料金プラン

最後に

今後もご利用企業さまのお声を積極的に取り入れていきたいと考えております!機能面でもデザイン面でも、なにか気になることがございましたら、お気軽にお伝えいただければ幸いです。

SmartHRにまつわる改善やアップデート情報は公式サイトの「お知らせ」と「リリースノート」に、株式会社SmartHRの企業情報はFacebook・Twitterでも更新しています。

もしよろしければ「いいね!」「フォロー」などよろしくお願いします。

今後とも、SmartHRをよろしくお願いいたします。