お使いのInternet Explorer 11はサポートを終了いたしました。最新のブラウザにアップデートしてご覧ください。

アップデート情報

SlackのWebhook仕様変更に伴う改修内容のお知らせ


いつもSmartHRをご利用いただきありがとうございます。

SlackのWebhook仕様変更に伴うSlack通知連携機能の改修内容と、お客様へのお願いをお知らせさせていただきます。

SlackのWebhook設定について

Slackの仕様変更により、Incoming Webhookの設定で、Slack Appを作成して利用する方法が推奨されるようになりました。

新方式: Slack Appで設定

https://api.slack.com/apps から設定します。

詳しくは、Slackヘルプセンターをご確認ください。
Slack での Incoming Webhook の利用|Slackヘルプセンター

SmartHRの通知連携への影響

これまでSlack連携をご利用いただいていたお客様は、カスタムインテグレーションによる方式で設定いただいています。
旧方式では通知先チャンネルをSmartHR上で指定できましたが、Slack AppからIncoming Webhookを利用する場合、Slackの仕様上、SmartHRの通知先チャンネルの設定は無視されます。(Slack Appから通知先チャンネルの指定できます)

なお、Incoming Webhooksの設定は、現在はカスタムインテグレーションとSlack Appいずれの方法でも利用可能ですが、カスタムインテグレーションでの設定は非推奨とされています。

参考: Custom Integrations > Incoming Webhooks | Slack

Slack通知連携をご利用のお客様へのお願い

新方式であるSlack Appで新たにWebhook URLを取得していただき、SmartHRの通知連携の更新をお願いします。
設定方法の詳細は SmartHRからの通知をチャットツールに連携する をご確認ください。

改修内容

1. 8月26日(水)にチャンネルの入力欄を削除します

新方式の場合は、SmartHR上で通知先チャンネルを指定できないため、チャンネルの入力欄を 8月26日(水) に削除します。

※なお、これまでSmartHR上で通知先のチャンネルを指定していた場合、本対応後は新旧の方式に関わらずSlackで設定していたチャンネルに通知がされますので、ご承知おきください。

2. Slack App経由でも通知が可能になりました!

新方式のSlack App経由でも通知が送信されるよう改修を行いました。
また、この改修により通知の表示が変更になりました。

表示はSlack上で指定することができます。

お手数をおかけ致しますが、何卒よろしくお願いいたします。

対象となるお客様には別途ご連絡させていただきますので、あわせてご確認いただきますようよろしくお願いいたします。

最後に

今後もご利用企業さまのお声を積極的に取り入れていきたいと考えております!機能面でもデザイン面でも、なにか気になることがございましたら、お気軽にお伝えいただければ幸いです。

SmartHRにまつわるカイゼンやアップデート情報は公式サイトの「お知らせ」に、株式会社SmartHRの企業情報はFacebook・Twitterにて更新しています。
もしよろしければ「いいね!」「フォロー」などよろしくお願いします。

それでは今後とも、SmartHRをよろしくお願いいたします。