お使いのInternet Explorer 11はサポートを終了いたしました。最新のブラウザにアップデートしてご覧ください。

メンテナンス・障害情報

2019年7月3日に発生したアクセス障害及び一部処理の取り消しについてのご報告とご対応のお願い


2019年7月4日
SmartHRご利用ユーザー各位

株式会社SmartHR
代表取締役 宮田昇始

平素より、SmartHRをご利用いただき誠にありがとうございます。
2019年7月3日に発生したアクセス障害及び一部処理の取り消し(以下、本障害)により、ご迷惑をお掛け致しました事を深くお詫び申し上げますと共に、本書にて障害内容の詳細と経緯・原因、今後の対応について報告させて頂きます。

 

障害内容

・アクセス障害:正しいログインIDとパスワードを入力してもSmartHRにログインすることができない状態となった
・処理の取り消し:本障害から安全に復旧する目的で障害発生直前の状態にロールバックしたことにより一部の処理が取り消しとなった

 

影響範囲

・アクセス障害:SmartHRの全てのユーザー
・処理の取り消し:132件


発生原因

・人為ミスにより、本番サーバーにて誤ったコマンドが実行されたことによりデータが消失したこと
・本番環境に不要なライブラリが存在し、該当のコマンドの実行が可能となっていたこと


障害発生と対応の経緯

17:43 本番サーバーへログイン
17:48 本番サーバーにて誤ったコマンドを実行
17:49 障害発生を検知し原因調査を開始
18:03 サービスを緊急メンテナンス状態とし復旧作業を開始
21:04 障害から復旧
21:10 緊急メンテナンス状態を解除しサービスの復旧が完了


対策

本番環境から不要なライブラリを削除し、本障害の原因となったコマンドが実行されない環境とした


お客様へのご対応のお願い

本障害から安全に復旧させるためにロールバック(障害前の状態に戻すこと)が必要となり、障害発生直前に行っていただいた一部の操作(SmartHRへの情報の登録・更新など)を取り消す処理を実行させていただきました。
該当の処理は132件であることを確認しております。
引き続き調査・確認を行いまして、処理の取り消しの影響を受けているお客様には2019年7月8日(月)17:00までに弊社よりご連絡をさせていただきます。

該当のお客様には引き続きご迷惑をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願いします。

また上記期日までに弊社よりご連絡がない場合には、処理取り消しの影響を受けていないお客様となります。
お手数をお掛けいたしますが何卒よろしくお願い申し上げます。

以上でございます。

このたびは本障害により、お客様へご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません。
今後はこのような不手際がないよう、再発防止に向けて社員一同で取り組んで参ります。