『人事の現状と今後の姿』無料ダウンロードページ

数字で見る人事の現状と、求められる今後の姿とは?

多くの人事担当者が「今後求められる姿」を認識しながら、現状にギャップを感じていると答えています。人事担当者が今後求められる姿は何か?なぜ理想の姿になれないのか、何が課題となっているのかについて調査し、解決策を提示します。

この資料でこんなことが分かります

  • 今後、人事に求められている姿とは?
  • 「人材力」向上の肝となる人事。求められる役割は「人事管理」から「戦略人事」へ
  • 及第点わずか12%。多くの人事部門が、目指す理想とのギャップを感じている
  • なにが、目指す姿への足かせとなっているのか?
  • どこから着手すべきか?

 

目次

人事の現状は求められている姿とは程遠い?

  1. 「人材力」向上の肝となる人事。求められる役割は「人事管理」から「戦略人事」へ
  2. 及第点わずか12%。多くの人事部門が、目指す理想とのギャップを感じている
  3. 戦略的業務と事務的業務に分解し、工数削減可能な業務を割り出す
  4. 工数削減の打ち手とは?
  5. 着手すべき業務は、恒常的に工数がかかっていること。そして削減の実現可能性。
  6. 判断軸は、コスト移行時の工数・対応柔軟性

資料のダウンロード

フォームに必要事項を入力のうえ、「入力内容を送信」ボタンをクリックしてください。