お使いのInternet Explorer 11はサポートを終了いたしました。最新のブラウザにアップデートしてご覧ください。

ニュース

関東ITSの新フォーマット現況表の対応延期のお知らせ(2018年5月25日更新)


いつもご利用ありがとうございます。SmartHRプロダクトマネージャーの副島です。

先日、関東ITソフトウェア健保組合の現況表の新様式・新運用の発表を受け、弊社でも8月末をめどに新フォーマットの開発を進めておりました。しかし、開発着手をした「8月1日改定のフォーマット」から、項目や表示等がすでに変更されていることを確認いたしました。「提出後に訂正及び記入漏れがあった場合は一旦返戻」というルールになっており、この改定頻度では開発が追いつけず、リリース後もフォーマット変更による記入漏れにより、返戻を引き起こしてしまう状況にございます。

そのため、関東ITS側の変更の動きが落ち着くまで、次の方針とさせていただくこととなりました。

  • 10月にフォーマットの変更状況を確認
  • 改定が落ち着いてる状況であれば、10月末頃までにSmartHRで現況票の自動作成に対応

 

自動作成対応までの間、大変恐れ入りますがPDFを従業員さまに共有いただき、記入、押印をお願いいたします。

 

■ 関東ITソフトウェア健保組合健保 現況表(個人番号あり)
http://www.its-kenpo.or.jp/documents/download/hoken/genkyo_kojin.pdf

 

2017年10月13日追記

10月2日に改定版がリリースされていることを確認いたしました。そのため、年内のSmartHRによる自動作成対応は見送らせていただくこととなりました。目処がつきましたら再度お知らせいたします。

 

2018年5月25日追記

未だ、改定版のリリースが早い頻度で行われているため、自動作成対応に着手できておりません。目処がつきましたら再度お知らせいたします。

 

しばらくの間、ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解いただければ幸いです。