ニュース

協会けんぽの健康保険証への枝番追加に対するSmartHRの対応予定について


いつもSmartHRをご利用いただきありがとうございます。

この度、全国健康保険協会(協会けんぽ)の健康保険証の記載事項の変更が行われたことに伴い、SmartHRでの対応についてご連絡いたします。

概要

2020年10月19日以降に新たに発行される協会けんぽの健康保険証の記号・番号に2桁の枝番が印字されることになりました。
なお、既に発行されている健康保険証の差し替えは行われないとのことです。

参照:全国健康保険協会(協会けんぽ)
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g1/r2-10/2020101901/

背景

2021年3月からマイナンバーカードのICチップまたは健康保険証の記号・番号等により、医療機関等がオンラインでの資格確認ができるようになる予定であることから、同じ記号・番号である被保険者と被扶養者の個別化のために枝番号が追加されたとのことです。

健康保険組合でも同様の記載事項の変更が発生する可能性がございますが、各組合の情報をご確認ください。

SmartHRでの対応

現状、手続き書類に枝番号の記載の必要有無について言及されていないことから、SmartHRでは従業員情報に枝番号欄を設けることは未定となっております。

今後書式の変更等が発生し、SmartHRで対応することとなった場合にはあらためてお知らせさせていただきます。

今後とも、SmartHRをよろしくお願いいたします。