従業員の参照可能範囲とは - SmartHR ヘルプセンター

従業員の参照可能範囲とは

従業員の参照可能範囲とは

従業員情報の参照、手続きの依頼などを実施する際に、従業員の対象範囲を制限できる機能です。参照可能範囲はロールに紐付きます。

カスタムでロールを作る場合、参照可能範囲の細かい指定が可能です。

参照可能範囲の種類

参照可能範囲は5種類あります。

店舗組織での例

参照可能範囲 概要
1. 全従業員 会社に所属している従業員を全て閲覧可能です。こちらの参照範囲は、主に労務担当者の方、人事の方が使います。
2. 本人 自分の情報のみ閲覧可能です。ほとんどの従業員さんは、こちらの権限の対象になります。
3. 本人+同じ部署に所属する従業員 例えば、「神奈川事業所」に所属している方は、「神奈川事業所」の社員のみ閲覧可能。
4. 本人+同じ部署とその配下の部署に所属する従業員  本人+同じ部署に加えて、下にぶら下がる部署も含みます。例えば、「大阪事業所」と、その配下の「なんば店」「心斎橋店」の全て閲覧可能。
5. 本人+配下の部署に所属する従業員  自分と、配下の部署の従業員のみ閲覧可能です。本人と同じ部署の従業員の情報は閲覧できません。

TIPS

兼務の場合の参照可能範囲

現状は部署を兼務していても、兼務先の情報は基本的に参照権限のスコープ外になります。
兼務先も参照権限の対象にしていくための開発は予定しておりますので、ご要望のある方はぜひチャットで教えてください。

導入企業数20,000社を突破!

詳しい情報を見る

カテゴリー