従業員情報取り込みシートの使い方 - SmartHR ヘルプセンター

従業員情報取り込みシートの使い方

Excelや他のソフトなど、SmartHR以外で管理している従業員情報を、SmartHR形式に変換して取り込む作業をサポートするための、
従業員情報取り込みシートの使い方について説明します。

説明動画

取り込みシートをダウンロード

使い方

ファイルを開き、[マクロを有効にする]をクリックします。

取り込みシートは、3つのシートから構成されています。

① [仕様書]

SmartHRの標準項目と、項目の説明、入力形式、入力例が記載されています。この項目の中から、SmartHRに取り込みたい項目の[利用可否]欄に○をつけます。従業員情報を更新する際に、社員番号で情報のひも付けを行うため、社員番号は必須です。
従業員にもSmartHRを使ってもらう場合は、メールアドレスも必要です。姓、名、部署や住所、基礎年金番号など、どの情報をSmartHRに取り込むのかを精査します。

② [設定シート]

[仕様書] で ○ をつけた項目が表示されています。現在管理している従業員の情報を、各項目の列に転記しましょう。転記作業の完了後、右上の[出力する]ボタンをクリックすると、SmartHRに取り込める形式のExcel形式のファイルが生成されるので、そのファイルをSmartHRに取り込みます。

③ [data]

使用しません。[仕様書] の情報を [設定シート] に反映するための中間シートです。

 

TIPS

登録済の従業員情報を更新する際は、SmartHRの従業員リストよりCSV / Excel形式ファイルをダウンロードしてご利用いただくと、スムーズに更新が行なえます。

更新の方法はこちら

導入企業数10,000社を突破!

詳しい情報を見る