社会保険料の定時決定(算定基礎届)について

社会保険料の定時決定(算定基礎届)について

「定時決定」とは、毎年1回決まった時期に、4月から6月までの給与額をもとに算出し、すべての被保険者について標準報酬月額の見直しを行い決定することを言います。

標準報酬月額の見直しをする届を、「算定基礎届」と呼ばれています。
決定し、見直された標準報酬月額は、その年の9月から翌年8月までに適用されます。

SmartHRでは、「算定基礎届」の手続きをカンタンに作成する事が可能です。
作成方法については、こちらをご参照ください。

目次

  1. 対象になる人
  2. 対象にならない人
  3. 報酬月額の算出方法 / 標準報酬月額の決定について
  4. 定時決定で見直された標準報酬月額の有効期間について
  5. 時期について
  6. 届出用紙について

1. 対象になる人

7月1日時点で雇用している全ての被保険者(保険に加入している従業員全員を紙に記載します)

2. 対象にならない人

(1)~(4)のいずれかに該当する方は算定基礎届の提出が不要です。(紙に記載しません)

(1)その年の6月30日以前に退職した方
(2)その年の6月1日から7月1日までに資格取得(保険に加入)した方
(3)その年の7月から9月までに月額変更届を提出する方
(4)その年の7月から9月までに育児休業等終了時変更届を提出する方

3. 報酬月額の算出方法 / 標準報酬月額の決定について

4月・5月・6月の3ヶ月(いずれも支払基礎日数17日以上)に受けた報酬の総額を、その期間の総月数で割った額を報酬月額として標準報酬月額を決定します。

TIPS

特定適用事業所 に勤務する短時間労働者の支払基礎日数は11日以上となります。

例:一般的な場合(月給制、欠勤控除なし)

※ 給与計算の暦日数を記入します。
(毎月15日締め切り ・ 当月25日払いの場合、4月は3月16日〜4月15日までの給与計算となる為、4月の支払基礎日数欄に「31日」を記入)

算出した額を、標準報酬月額表にあてはめます。
この場合、報酬月額が290,333円となりますので標準報酬月額は「300,000」円となります。

※ 参考:「東京都の標準報酬月額表」

4. 定時決定で見直された標準報酬月額の有効期間について

その年の9月から翌年8月まで1年間適用されます。
新しい標準報酬月額に基づいた保険料の支払いは、9月分からとなります。

5. 時期について

区分 内容
提出時期 毎年7月10日まで
提出する物 算定基礎届・算定基礎総括表・算定基礎総括表附表(雇用に関する調査票)
提出先 健康保険組合 / 年金事務所 ※ 協会けんぽの方は年金事務所のみ
提出方法 電子申請、郵送、窓口持参

6. 届出用紙(算定基礎届等)について

毎年5月下旬から6月までの間に順次、事前に送付されます。
また、算定基礎届総括表算定基礎総括表附表(雇用に関する調査票)も同封されます。
届出用紙には、5月中旬頃までに届出された被保険者の氏名、生年月日、以前の標準報酬月額等が印字されております。

導入企業数10,000社を突破!

詳しい情報を見る