SmartHR での年度更新手続き方法(2018年度版以降) - SmartHR ヘルプセンター

SmartHR での年度更新手続き方法(2018年度版以降)

複写式用紙と同様のフォーマットをSmartHR上にご用意しました。電子申請で申告を行う場合にご利用ください。

ご注意いただきたいこと

  • 2017年度版はSmartHRに登録されている給与明細の情報を集計しておりましたが、2018年度版以降はこの機能を廃止させていただいております。
  • 給与ソフトなどで集計していただき、その結果をSmartHRにご入力をお願いします。
  • 電子申請を行わない場合は、こちらの機能をご利用いただく必要がございません。会社に届いている申告書へ記入、提出をお願いいたします。

 

事前準備

給与計算ソフトなどで、年度更新の集計・計算等を行ってください。

申告書の作成

1.手続きの開始

トップ画面の [年度更新の手続き] をクリックし、年度更新の申告書の提出に必要な情報を入力し、完了ボタンをクリックしてください。

2.申告書の確認、修正方法

年度更新手続き画面から [労働保険 年度更新申告書] をクリック。
年度更新手続き画面

修正をする場合は右上の [編集]ボタン をクリックし、入力します。

 

電子申請の方法

手続きの画面の [書類の電子申請依頼]ボタン をクリックし、電子申請を行ってください。

Pasted image at 2016_06_21 01_43 PM

 

保険料の納付

電子納付する場合

しばらくすると [電子納付する]ボタン が表示されますので、ご利用中の金融機関が電子納付に対応している場合、その後の手続を行ってください。

手続き方法はこちらから

 

TIPS

e-Govから届くメールについて

電子申請を行うと、e-Govから下記のようなメールが届く場合がありますが、SmartHRをご利用の方はこのメール本文内のURLへのアクセス不要です。e-Govにアクセスする必要はありません。(アクセスするための番号はSmartHRを経由した電子申請(API経由)ですと入手することができません。)

電子納付しない場合

ご利用中の金融機関が電子納付に対応していない場合、Pay-easy(ペイジー)に対応したATMで納付を行うことができます。この場合、申請データの送信後の申言青データの受付結果通知画面の「収納機関番号」、「納付番号」及び「納付確認番号」が必要となります。

導入企業数10,000社を突破!

詳しい情報を見る