税法上の扶養家族とは - SmartHR ヘルプセンター

税法上の扶養家族とは

どんなもの?

所得税や住民税の負担が軽減されます。

誰が対象になるの?

納税者と生計を一にする配偶者(内縁の配偶者除く)、親族(6親等内の血族および3親等内の姻族)、又は都道府県知事から養育を委託された児童(いわゆる里子)や市長村長から養護を委託された老人の範囲で、以下の条件を達している方です。

  • 給与収入が年間103万円以下の方(配偶者の場合は150万円以下)
  • 65歳未満の方で年金収入(公的年金)が年間108万円以下の方。
  • 65歳以上の方で年金収入(公的年金)が年間158万円以下の方。
  • 事業収入が 年間収入 – 必要経費 = 38万円以下の方。

※公的年金とは、国民年金・厚生年金・共済年金などです。

SmartHRの場合

SmartHRでの税法上の扶養の設定は、以下を参考にご登録ください。

配偶者の場合

ステータス 対象
扶養しない 所得額が123万円を超えている、他の家族の扶養に入っている場合など
扶養する(源泉控除対象者) 所得額が85万円まで(給与収入換算150万円まで)の方
配偶者特別控除対象者 所得額が85万円超〜123万円まで(給与収入換算150万円〜201万5999円まで)の方(管理者のみ登録可)
不明 扶養状況が不明の場合(管理者のみ登録可)

配偶者以外の場合

ステータス 対象
扶養しない 所得額が38万円を超えている、他の家族の扶養に入っている場合など
扶養する(源泉控除対象者) 所得額が38万円まで(給与収入換算103万円まで)の方
不明 扶養状況が不明の場合(管理者のみ登録可)

導入企業数20,000社を突破!

詳しい情報を見る

カテゴリー