退職せず、雇用保険の資格喪失届のみ作成する - SmartHR ヘルプセンター

退職せず、雇用保険の資格喪失届のみ作成する

社員から役員へ異動する場合など、退職はせずに雇用保険被保険者資格喪失届のみ作成する方法をご案内します。

現在SmartHRでは、特定の書類のみ作成する機能をご用意していないため、一度「退職の手続き」を作成し、必要な書類のみ処理をした後、退職日などの情報を元に戻していただく流れになります。

1. 「退職の手続き」を作成する

トップページの「退職の手続き」から、喪失届を作成した従業員の退職の手続きを作成します。

2. ToDoリストのページで、必要な書類のみ処理する

ToDoリストのページの左側の「関連書類」の欄にある「雇用保険被保険者資格喪失届」をご利用ください。

雇用保険被保険者資格喪失届

3. 従業員情報を修正する

「退職の手続き」を作成した影響で、従業員情報内の以下の情報が変更されています。

  • 在籍状況
  • 退職・解雇・死亡年月日
  • 雇用保険 資格喪失年月日
  • 社会保険 資格喪失年月日

変更が必要ない部分については、下記のように修正してください。

在籍状況・退職日の修正

健康保険資格喪失日の修正

導入企業数20,000社を突破!

詳しい情報を見る

カテゴリー