変形労働時間制 - SmartHR ヘルプセンター
SmartHR ヘルプセンター > 制度 > 変形労働時間制

変形労働時間制

へんけいろうどうじかんせい

「変形労働時間制」とは、原則の労働時間(1日8時間・週40時間)を基準として、期間を決めて1日の労働時間を増減させる働き方を指しています。

通常、原則の労働時間を超えて労働させる場合には、割増賃金を支払う必要がありますが、変形労働時間制を導入することでその必要がなくなる事業所も多くなります。

1週間単位・1ヶ月単位・1年単位の変形労働時間制がありますが、いずれにしても事業所の仕事量に合った単位で採り入れることが大切です。

たとえば、1ヶ月単位の変形労働時間制は、1ヶ月の中で仕事量に大きな増減がある事業所に適していますが、月の前半の2週間は原則のまま1日8時間・週40時間・週休2日として、後半の2週間は1日10時間・週40時間・週休3日という変形労働時間の設定にすることも可能です。

変形労働時間制を導入するには、就業規則に規定するか、労働者の代表と事業主側の間で労使協定を結び労働基準監督署に届出することが必要です。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー