特別休暇 - SmartHR ヘルプセンター

特別休暇

とくべつきゅうか

法律で定められている休暇以外の事業所独自の休暇で、福利厚生の一つと考えられています。有給でも無給でも良いとされていますが、労働者の意欲向上のために有給にしている例が多く見られます。

「慶弔休暇」はよく知られている特別休暇ですが、結婚の場合は日数や取得期限を、身内の葬祭の場合は配偶者や父母などの間柄によって取得できる日数を決めたほうが良いでしょう。

「リフレッシュ休暇」であれば、勤続年数や日数などの取得条件設定が必要でしょう。ユニークな例では「記念日休暇」「失恋休暇」「ボランティア休暇」などもあります。

事業所独自で自由に決められる休暇であるからこそ、一部の労働者ばかりが取得するような休暇にならないように就業規則などで条件を設定して、労働者全体の士気が上がるようなものにしましょう。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー