産後休業 - SmartHR ヘルプセンター

産後休業

さんごきゅうぎょう

出産後の女性労働者が取得する休業です。

産前休業は本人の申請が必要ですが、産後休業は母体の回復に必要な休養期間として必ず取得することになっています。

出産した当日を0日目として、8週間取得することができます。

もし労働者本人が8週間より前に職場復帰を希望する場合は、出産から6週間経過していれば医師の許可を得て復職することもできます。

妊娠4ヶ月以降の流産・早産・中絶・死産の場合も母体にかかる負担は大きいので、同じように産後休業を取得できます。

社会保険に加入している労働者の場合は、事業主が「産前産後休業取得者申出書」や「産前産後休業変更・終了届」などを健康保険の加入先へ提出します。

勤務先に休業を申請する時には母子手帳の提示を求められることもあるので、準備しておきましょう。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー