年次有給休暇 - SmartHR ヘルプセンター
SmartHR ヘルプセンター > 手続き > 年次有給休暇

年次有給休暇

ねんじゆうきゅうきゅうか

休日とは別に、労働者が請求した日に理由を問わず取得できる休暇のことです。

事業主は一定期間、8割以上の出勤率を維持した労働者に、賃金を保障して決められた日数の休暇を与えなければならないと労働基準法39条に定められています。

週に5日間働く人を例にすると、半年で10日・1年半で11日・2年半で12日・3年半で14日・4年半で16日・5年半で18日・6年半で20日以上を与えるとされています。

有給休暇の日数が余った場合には20日を限度として翌年度まで繰り越すことができるので、最長で40日になります。

法律上、休暇の取得理由を申告する必要はないとされていますが、職場のマナーとして可能な範囲で伝えておく方が良いでしょう。

本来は事前に請求・申請するものですが、体調不良などの突発的な理由であれば事後申請を許可する事業所も多いです。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー