マイナンバー制度 - SmartHR ヘルプセンター
SmartHR ヘルプセンター > 手続き > マイナンバー制度

マイナンバー制度

まいなんばーせいど

マイナンバー制度は、「社会保障」「税」「災害対策」の3分野に、共通する番号を用いて個人の特定をスムーズに行うために導入された制度です。

マイナンバー制度の導入により、行政の効率化、国民の利便性の向上、公平・公正な社会の実現を目指しています。

マイナンバーは、12桁の個人番号で、住民登録をしている個人につき1つの番号が付与され、原則生涯同じ番号が使われます。マイナンバー制度導入の背景として、国の行政機関や地方自治体、福祉サービスなどでは住民票コード、基礎年金番号などそれぞれ個人情報の管理方法が違っていたため、組織間で情報をやりとりする際に個人の特定に時間がかかっていたことが挙げられます。

1つの番号で統一することで、個人の特定を行うことを容易にし業務を効率化する目的があります。

【参考】
※ マイナンバー(社会保障・税番号制度) – 内閣府

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー