育児短時間勤務制度 - SmartHR ヘルプセンター
SmartHR ヘルプセンター > 手続き > 育児短時間勤務制度

育児短時間勤務制度

いくじたんじかんきんむせいど

勤務時間を短縮できる制度です。3歳未満の子どもを育てる労働者が申請することで利用できる制度で、性別に関係なく利用できます。労働者から申請があった場合は、事業主は勤務時間を6時間に短縮する義務があります。

8時間勤務が原則の事業所で7時間に短縮するだけでは義務を果たしたとは認められませんが、6時間勤務と7時間勤務のどちらにするかを労働者が選択できる形式であれば問題ありません。

規模の小さい事業所で勤務時間を短縮する制度がない場合は、新しく制度を作る必要があります。

ただし、事業主と労働者の間で書面による協定があれば、雇用されてから1年間経過していない労働者や、勤務時間を短縮することが極めて難しいとされる業務に携わっている労働者などは対象外になります。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー