育児休業 - SmartHR ヘルプセンター

育児休業

いくじきゅうぎょう

育児を目的として労働者が取得できる休業です。女性労働者の場合は産後休業が終わってから子どもが1歳になる前日まで。男性労働者の場合は子どもが誕生した日から1歳になる前日まで取得できます。

その事業所で1年以上勤務している実績があり、子どもが1歳になった後も雇用される予定があることなどが休業できる人の条件で、退職予定の人は対象外です。原則の休業期間は子どもが1歳になる前日までですが、保育園に入園できないなどの事情があれば、子どもが1歳6カ月になるまで延長できます。

「パパ・ママ育休プラス制度」を使えば、父親が上限1年間の育児休業を分割して取得するなどの工夫をすることで、子どもが1歳2ヶ月になるまで延長することができます。

また、「同居する孫の世話」といった、子どもを養育する家族と同居している場合でも育児休業を取得できます。

電子化が激減させる労務の世界

カテゴリー